子どもの居場所を作る対処法

家庭や家での居場所について

子どもが不登校になる理由の一つに、自分の居場所が無いことが挙げられます。
学校では、クラスメイトに溶け込めずに一人で過ごしたり、家庭でも様々な理由から子どもの居場所が無いことがあり、子どもをどんどん追い込んでしまう環境を、知らない内に構築してしまいがちです。
不登校の子どもがゆったりと過ごせる場所が何処かにあれば、その場を利用してコミュニケーションを取ることができるかもしれません。また、居場所があるから子どもたちが、自分自身を見失わずに過ごしていけるでしょう。
学校の保健室など、何でも良いので空き教室を使用させてもらったり、家庭では子どもと程よい距離を保ち、過ごしやすい環境を整えて居場所を作る必要がありますね。

居場所は子どもたちだけで構築することは難しい

子どもたちだけで居場所を作ることは簡単ではありません。ましてや不登校の子どもは心も体もボロボロの状態なので教師や親たちが、親身になって居場所を構築してあげることが必要になります。空き教室で授業を受けられるように要望を出したり、子どもの状態と意思を確認しながら学校と相談していくことも、不登校から脱出させるために重要なことです。 教師たちはしっかりと子どもたちに向き合うことが大切ですし、親たちも、自分の子どもが苦しむ姿を一刻も早く改善したいと考えるはずです。不登校の子どもが安心して過ごせる居場所があれば、悩みを聞く場を設けることが可能ですし、辛くてどうしようもない子どもたちが逃げることができる場所を是非作ってあげたいですね。

不登校小学生は学校に行かなくても、通信で授業ができたりするシステムがあります。また、フリースクールと言って、自由な校風で行きたいときに行く学校もあります。