不登校のきっかけは?学校にある?

子供が不登校になる理由と接し方

不登校のきっかけとなる原因は様々ですが、家庭問題や学校でいじめを受けているなど、時代が進むにつれて原因が多様化しているように感じますね。特に理由も無くやりたいことが見つからないため、学校に行こうとしない生徒も存在します。
理由はどうであれ、誰かがしっかりと当事者である子供を見守る環境が必要になるでしょう。悩みを相談したくても、相談相手がいなければ益々家に閉じこもる状態に追い込んでしまう場合がありますよ。
大切なことは、理由を聞き出すことに重点を置くことではなく、何が原因で不登校になってしまったのかを、家族や教師を含め、真剣になって一緒に考えていくことではないでしょうか。接し方一つにしても、心の傷を広げてしまうことがあり、慎重に接していきたいですね。

私たちにできることはたくさんある

不登校の原因となる問題点を探し、解決することができれば良いのですが、そう簡単には行きません。いじめが行われたことを隠そうとする学校も残念ながら存在するので、解決には想像以上の時間が掛かることがあります。
地域社会で行える対策としては、子供を見守ることや、ちょっとした世間話でも良いので様子がおかしいと感じた子供と会話をすることです。学校の通学路はもちろんですが、地域住民との連携が取れていれば、事前に学校側へ連絡を取ることが可能でしょう。
学校側は、定期的にカウンセリングを行ったり、教師たちやPTAを含む保護者はもちろん、生徒たちの不登校に対する意識調査をして原因となるいじめ問題などに向き合わせることも重要ですね。